1. Home
  2. >
  3. 第三分野
  4. >
  5. がん保険
  6. >
  7. がん特約とは?必要性やが...
がん特約とは?必要性やがん保険との違いを解説!どんな人におすすめ?

がん特約とは?必要性やがん保険との違いを解説!どんな人におすすめ?

がん特約やがん保険は、がんのリスクに備えることができます。同じがんへの備えとして、特約と保険ではどのような違いがあるのでしょうか。本記事では、がん特約とがん保険の違いや、加入するメリットなどについて解説します。

2021.07.12 がん保険

がん特約とは

まずは、がん特約の概要について解説します。なお、本記事で紹介する内容は一般的な内容であり、詳細については保険会社や保険商品で差がある場合があります。加入する前には、必ず保険会社や代理店に確認しましょう。

医療保険に付加する特約のひとつ

がん保険とは、医療保険に付加する特約のひとつです。医療保険がベースになっており、加入することでがんを含めた全ての入院治療費に備えることが可能です。がん特約の保障内容は、後述するがん保険単体の内容とほとんど同じです。がんによる入院費や治療費はもちろん、がんと診断確定された場合には「がん診断給付金」が支払われる特約を別途付加することもできます。つまり、がんにり患した場合のリスクは、がん特約でも十分にカバーできるのです。

がん診断給付金とは

がん診断給付金とは、がんと診断確定された場合に一時金が支払われる給付金のことです。入院費、通院費、手術費などこれから発生するであろう治療費に使えます。例えば、これからの入院のための準備費用に充てることもできます。がん特約に含まれる場合もありますが、別途付加する特約としている場合もあります。がん特約は、基本となる医療保険に付加して加入します。保険の主契約は医療保険ということになり、がん特約保険料はがん保険単体よりも割安になります。

がん特約のメリット・デメリット

ここからは、がん特約のメリットとデメリットについて解説します。

メリット
  • 医療保険にセットで加入するため、がん以外の医療部分にも手厚く備えられる
  • がん保険単体で加入するよりも保険料が割安
デメリット
  • 主契約の医療保険と満了時が同じであり、継続できない場合がある
  • がん保険単体よりも保障内容がシンプルで保障できない治療があることも

がん保険とは

ここからは、がん保険の概要とメリット・デメリットについて解説します。

がん保険とは、単体で成り立っている生命保険の一種。がんになった時だけに保険金・給付金を受け取れる、がんの治療に特化した保険です。がん保険の保険期間は、一生涯であることが多いですが、一定期間のみのがん保険(がん定期保険)もあります。さらに先進医療に関する特約を付加すれば、よりがん治療に特化した保険として備えることも可能です。Periplus2019

がん保険のメリット・デメリット

ここからは、がん保険のメリット・デメリットについて解説していきます。

メリット
  • がんの治療に特化していて内容が充実している
  • 退院後の通院費なども細かくカバー
  • 支払い上限日数に制限がない

一方、がん保険は支払い上限日数に制限がありません。仮にがん治療のための入院が長期化しても、入院日数の制限を心配することなく治療に専念できます。

デメリット
  • がん以外の入院・治療費に対応していない(医療保険とは別々の保障)
  • 加入後90日の免責期間がある
  • がん特約と比べて保険料が割高

免責期間とは

免責期間とは保険加入後の90日間などの一定期間に、がんと診断されても保険金・給付金が支払われない期間を指します。一般的にがんは自覚症状がないこともあり、発病時期が分かりにくいことが多いです。そのためがん保険加入後の免責期間は、がん保険が始まる前の待期期間であるとイメージしておきましょう。

特約の場合の免責期間

がん特約の場合、免責期間について設定しているかどうかは保険会社(商品)によります。がん特約の場合は、免責期間の設定がないこともありますが、一部制限がある場合もありますので事前に確認しましょう。

医療保険が別途必要

がん保険はがんに対する保険は手厚く安心できますが、その他の病気やケガに対する保障は一切ありません。身の回りのリスクに備えるためには、がん保険だけで安心せずにその他の保険への加入を別途検討するのがおすすめです。

がん特約とがん保険の違い

「国立がんセンター・がん情報サービス「最新がん統計・令和3年(2021年)2月更新」では、「男女ともに2人に1人が生涯の間にがんにり患する可能性がある」という結果が公表されています。このデータからは、誰もががんにり患する可能性があることが分かります。がんのリスクに備え、特約や保険を活用しておくと安心です。ここからは、特約と保険の違いについて詳しく解説します。

以下にがん保険とがん特約の違いを表にまとめたので、参考にしてください。

がん特約 がん保険
保険料 割安 割高な傾向
がん以外の保障 あり なし
支払い日数の制限 上限あり 無制限
保障内容 最低限のポイントを抑えている 先進医療などのサポートもあり手厚い

※保障内容の詳細については保険会社のパンフレット等をご確認して下さい。

保障内容の違い

がん特約と、がん保険の大きな違いは保障内容です。がん特約は主契約の医療保険に、がんのリスクに対する保障を上乗せします。つまり、がん以外の入院治療でも給付金が支払われ、がんの場合はさらに上乗せした給付金をもらえるということです。一方がん保険は、がん以外のリスクに備える保険は一切ありません。がんになった時だけ給付金などが支払われます。がん保険のメリットは、がん特約よりもがん診断給付金を高額に設定できることや、がん治療に対する複数の特約を選択することが可能なことです。がんだけでなく、その他の病気やケガにも備えたい人にはがん特約が適しています。

保険料の違い

がん特約は、保障内容がシンプルであるため、保険料が割安です。がん特約は、手頃な保険料でがんに対する最低限の備えができるため、がん保険よりも加入しやすいメリットがあります。

がん特約が必要な人・不要な人

ここまで、がん特約とがん保険の概要やメリット・デメリットについて紹介しました。ここからは、がん特約が必要な人・不要な人について解説していきます。

がん特約が必要な人

がん特約が必要なのは「他の生命保険に加入しておらず、1つの保険でがん以外の病気やケガ、がんも備えたい人」です。がんだけに注目すると、がん保険の方が保障内容が手厚く安心です。しかし、がんにならなかった場合の給付金は一切ありません。自身をとりまくあらゆるリスクに備えたいなら、がん特約が必要です。

がん特約が不要な人

がん特約が不要な人は、他の各種保険に加入していて、特にがんにり患した時の上乗せ保障を希望しない人です。主契約である医療保険の内容が充実しているなら、がん特約を付加しなくても十分といえます。

がん特約がおすすめな人

がん特約がおすすめな人は、以下の項目に当てはまる人です。
  • がんだけでなく、他のケガや病気にも幅広く備えたい
  • なるべく保険料を抑えてがんの保障を増やしたい
  • 保険をひとまとめにしたい

がん特約でも十分な備えになる

がん特約よりもがん保険の方が、保障内容が手厚いケースが多いです。しかし人によっては、一生涯でがんにり患しない場合も考えられます。全てのケガや病気に備える医療保険をベースとしてがん特約を付加すれば、がんに対しても最低限抑えることが可能です。また、がん診断給付金(一時金)や先進医療保障に関しては、別途特約で付加するできる場合もありますので、状況に応じて検討してみてください。

評判は事前に確認すると安心

保険の多くは一生涯を通して加入するため、一人では決められないという人もいるでしょう。がん特約の付加について自身で決めかねる場合は、周りの人の評判や実際の声などを事前に把握しておくと安心です。

どっちが良いか悩む場合はプロに相談

がん特約について悩む場合、信頼できる保険代理店やファイナンシャルプランナーに相談してみるのも適切な方法です。 プロに相談すれば、無料でライフプランシュミレーションや必要保障額の試算を行ってくれます。どうすれば良いのかと迷ってしまった時にこそ、プロからの適切なアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

リスクに備えてがん保険・がん特約を活用しよう

がん特約とがん保険は、いずれもがんのリスクに備える保険です。大きな違いとして、がん特約は、主契約の医療保険に付加する特約であるということです。そのため、がん以外のケガや病気にも備えられます。もちろんがんによる入院費・手術費にも対応しているため安心です。保険をひとつにまとめたい人は、がん特約の加入を検討してみてはいかがでしょうか。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。